記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

お金があるから遺言を書く?お金がないと遺言は不要?(★☆☆)

名古屋の行政書士事務所で働く、相続アドバイザーのおかだです。さて、遺言を書くべき人というのは世の中に沢山いらっしゃいます。しかし、ご相談される方は皆さん口を揃えて「遺言書を書くほど財産が無いんですが」、という枕詞をつけられます。皆さんはどのくらいあれば遺言書を書くと思われているのでしょうか?一億円以上?三億円以上?一千万円以上??この統計は残念ながらありません・・・しかし、遺言書を書く基準は財産の...

続きを読む

相続人が話し合えば、遺産は相続人ではない「孫」にもあげられる?(★★☆)

名古屋市の相続手続きは、北区の藤田行政書士事務所へ。「私は夫に先立たれましたが、長男・長女がおりまして、長男(55)には子供がいないので、長女の一人息子(孫)に先祖代々の財産を受け継いで欲しいのです。私が死んだ後は長女と長男で話し合えば孫に相続させられますか?」※この場合、相談者の相続人は、長男・長女(子供:第一順位)の2名ですパッと聞くと、「うんうん、そうですね。相続人全員で同意が取れれば・・・」...

続きを読む

公正証書(遺言)についての勉強会(☆☆☆)

名古屋市北区の行政書士事務所で働く、相続アドバイザーのおかだです。昨日は、日本相続学会と相続アドバイザー協議会主催の勉強会に参加しました。テーマは「遺言公正証書作成の現場から」。現職の公証人の先生がお話されました。内容は専門的だったのですが、簡単な感想を。①公証人という人はどんな人なのか→裁判官・検察官・弁護士等を一定期間以上勤めた人がなれる職業で、日本には500人弱います。②怖い人??→今回の先生は...

続きを読む

遺言って一回しか書けない?いいえ、何回でも書けますよ!!(★☆☆)

遺言を検討中の方からのご相談で、「遺言って一回しか書けないから内容を良く考えたいんですよ。」という方がいらっしゃいました。確かに遺言を作成する際に、内容を良く考えるのは必要ですが、実は遺言は何回でも書くことができます。この点は意外に知られていなかったりするので、何回でも書き直しができることをお話しすると、「え?そうなんですか?」と驚かれます。それぞれで抵触する(同じ財産について別の処分など)遺言書...

続きを読む

危篤状態での遺言書作成(★★☆)

名古屋の行政書士事務所で働く、相続アドバイザーのおかだです。本日より、相続ブログを始めましたのでお楽しみに。さて、早速ですがこんなご相談を受けました。相談者のお父様が倒れて、現在は危篤状態とのこと。お父様は相談者(息子)に財産をあげたいと「言っている」ので、遺言書として遺したいから手続きをして欲しい。危篤状態で財産をあげたいと言えるものかと思ったので、よくよく聞いてみると「目は動くので、目で意思を...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。