記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の相続・遺言のご相談は、名古屋市北区の藤田行政書士事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週月曜日は相続無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
測量士補おかだのブログ
藤田測量登記事務所

遺産分割協議書ってどこに提出するの?裁判所?法務局?市役所??

名古屋市の相続手続きは、北区の藤田行政書士事務所へ。

「遺産分割協議書を作りましたが、どこに出せば良いですか?裁判所ですか?」

こんなお問い合わせがありました。
さて、遺産分割協議書とはそもそもどういうものでしょうか?

誰かが亡くなった場合に、その方の持っていた財産(遺産)を
全ての相続人の間でどう分けるかを協議した結果を示す書類です。

従って、この遺産分割協議書は相続人同士の契約書に近いです。


通常は、名義変更する際にこの遺産分割協議書が必要となります。
このお客様は、亡くなった方名義の不動産と預貯金の名義変更の為に協議書を作成されておりました。

不動産の名義変更に関してはその不動産を管轄する法務局、
預貯金は地方銀行・信用金庫・JAの場合には通帳を作った各支店に
各種申請書・戸籍と一緒に提出します。
(メガバンク・ゆうちょ銀行の場合にはどこの支店でも受け付けてくれるようです)

というわけで、設問の答えは
「決まった提出先はありません」です。
そんなんで良いのか・・・

何となくネットで調べて遺産分割協議書作って、
記載が不明瞭だった為に改めて実印をもらい直す、ということもあります。

兄弟間ならばまだしも、甥姪と伯父叔母など、遠い関係の時には
二度三度と実印をもらうのは本当に大変です。
後々の心配も無い様に、相続手続きが不安な方は専門家へ。
スポンサーサイト

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の相続・遺言のご相談は、名古屋市北区の藤田行政書士事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週月曜日は相続無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
測量士補おかだのブログ
藤田測量登記事務所

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。