記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の相続・遺言のご相談は、名古屋市北区の藤田行政書士事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週月曜日は相続無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
測量士補おかだのブログ
藤田測量登記事務所
↓当事務所在籍の占い師さんのブログ!
磐井あや★愛と情熱のブログ

相続人がいないと、誰が私の財産を相続する??(★★☆)

「私の相続人は誰もいないんですけど、どうすれば良いですか?」

名古屋の行政書士事務所で働く、相続アドバイザーの岡田です。

所謂、天涯孤独という状況の方は世の中にいらっしゃいまして、ご相談いただくことがあります。
その際、相続人が本当にいないかの確認をすると、実は相続人がいる場合もチラホラ。

見落としがちなのは、おい・めい。
自分には子供もおらず、兄弟も全部亡くなっているから天涯孤独だ、
と仰る方がいらっしゃいますが、兄弟姉妹の子供(おい・めい)まで相続権が発生します。


それはそうとして、今回は相続人が本当にいない場合のお話。
簡単に言うと、
相続人が誰もいない方が亡くなった場合、
その相続財産(遺産)は所有者(受け継ぐ、相続する人)がいないので、
国有財産となります。
(条文では、「国庫に帰属する」と表現します)
※民法第959条前段 「前条の規定により処分されなかった相続財産は、国庫に帰属する。」

『国が丸儲けか!卑怯だ!美味しいとこどり!!俺にもくれ!』
とか色々言いたくはなりますが、
不動産とか、所有者がいないと困ることもありますので、
合理的なシステムかとは思います。


但し、国有財産になるまでには、
相続財産管理人選任手続き、公告期間、
債権者(被相続人にお金を貸していた人)の調査、
特別縁故者(被相続人の世話をした人等)の相続財産分与、
などなど盛りだくさんのメニューを15ヶ月くらいかけて行います。

このようなことを防ぐためには、
遺言書を書いておくことが大切です。
ご自分がもし、「相続人がいない」と思われる方は、
藤田事務所へご相談ください。
スポンサーサイト

※タイトルの星は難易度を示しています
 ★☆☆:易  ★★☆:やや難  ★★★:難
名古屋の相続・遺言のご相談は、名古屋市北区の藤田行政書士事務所へ(名古屋市及び近郊対応!)
お問い合わせはこちら052-325-2590(毎週月曜日は相続無料相談の日)
よかったら、ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
測量士補おかだのブログ
藤田測量登記事務所
↓当事務所在籍の占い師さんのブログ!
磐井あや★愛と情熱のブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。